ReGIS Graphics への対応

Reflection を使用して ReGIS およびシクセルのグラフィックエミュレーションを正確に実行するには、[端末の設定] ダイアログボックスの [グラフィック] タブで、VT240、VT241、VT330、または VT340 という 4 つのグラフィックス端末の種類からいずれか 1 つを [端末の設定] で選択する必要があります。

注意:

  • [VT240] と [VT330] はモノクロのグラフィック端末です。一度に 4 階調までのグレーを表示できます。
  • [VT241] と [VT340] はカラーグラフィック端末です。[VT241] は一度に 4 色まで、[VT340] は 16 色まで表示できます。
  • ディスプレイは 256 色に設定するよう強くお勧めします。

これら 4 種類のグラフィック端末はすべて ReGIS に対応しています。ただし、ReGIS の実装方法がそれぞれ少しずつ異なります。Reflection では、ホストグラフィックプログラムが対象としている端末の種類を設定してください。

ホストプログラムでは、Reflection のグラフィック機能の特定が必要な場合もあります。その場合は、[端末 ID] ([端末の設定] ダイアログボックスの [エミュレーション] タブで設定) が要求されます。グラフィックエミュレーションを正確に実行するには、ホストが期待する端末の種類 (VT240、VT241、VT330、または VT340 (VT320 が既定値)) を [端末 ID] に設定する必要があります。

注意: [端末の種類] を変更すると、関連するすべての設定値 ([端末の設定] ダイアログボックスまたは [詳細設定] ダイアログボックスの設定値) がリセットされます。

関連項目

[グラフィック] タブ ([端末の設定] ダイアログボックス)

[端末の種類の選択] ダイアログボックス