[キーボードの割り当ての管理] ダイアログボックス

表示方法

キーボードの割り当てファイルは、PC キーボード上でのキーの操作を制御して、特定のホストキーに対応させたり、キーボードショートカット機能を利用できるようにします。端末セッションドキュメントを作成すると、既定の標準キーボード割り当てファイルへのポインタが含まれます。セッションごとに異なるキーボードの割り当てファイルを選択したり、希望の設定でカスタムキーボードの割り当てファイルを作成したりすることができます。

 

[別のキーボードの割り当てファイルを選択する]

既存のキーボードの割り当てファイルの一覧から、異なるキーボードの割り当てファイルを選択します。該当するファイルは、信頼された場所にないと、Reflection で使用することができません。

 

[現在選択されているキーボードの割り当てファイルを変更する]

このセッションで使用されているキーボードの割り当てファイルを変更します。標準のファイルは読み取り専用のため、現在選択されているファイルが標準ファイルの場合、変更するとカスタムファイルとして保存されます。

 

[既存のキーボードの割り当てファイルから新しいキーボードの割り当てファイルを作成する]

既存のキーボードの割り当てファイルを基に、カスタムキーボードの割り当てファイルを作成します。 ファイルを後で再度開くには、信頼された場所に保存する必要があります。

関連項目

[信頼された場所の指定] ダイアログボックス