[バックアップ接続オプションの設定] ダイアログボックス

表示方法

このダイアログボックスから 1 つ以上のバックアップ TN5250 接続の設定を指定できます。通常行う接続が失敗した場合、これらのバックアップ接続がリストされている順序で試されます。

[ホストのバックアップ]

[追加] ボタンをクリックしてホストをバックアップホスト一覧に追加します。[上に移動] および [下に移動] ボタンを使用して、ホストが試される順序を変更します。

[ホスト名か IP アドレス]

接続するホストを識別します。ホスト名、別名、または数値 IP アドレスを入力します。

注意: IPv4 アドレス (127.0.0.1 の形式) と IPv6 アドレス (2001:0db8:3c4d:0015:0000:0000:abcd:ef12 の形式) の両方とも設定することができます。

[ポート]

セッションで使用するホストのポートまたはソケット番号を入力します。このフィールドには、0 から 66,535 までの数値を入力することができます (既定値 = 23)。

[デバイス名]

セッションで AS/400 が使用する端末デバイス名を指定します (デバイス名は、表示名またはワークステーション ID とも呼ばれます)。このボックスが空白の場合は、ユーザのセッションで使用するデバイスを AS/400 が作成します。

デバイス名は最大 10 文字です。[デバイス名] ボックスに入力する値の一部として、次の文字のうち任意の文字を含めることができます。

文字

使用方法

*

A、B、C などに置き換えられ、固有のデバイス名を生成します。すべてのアルファベットを使用した後は、「AA」、「AB」、「AC」などのデバイス名が生成されます。

%

プリンタセッションの場合には P に、端末セッションの場合には S に置き換えられます。

=

1、2、3 などに置き換えられ、固有のデバイス名を生成します。

&COMPN

ローカルワークステーション名に置き換えられます。生成された名前が半角 10 文字を超える場合、左端から削除されます。

&USERN

ローカルユーザ名に置き換えられます。生成された名前が半角 10 文字を超える場合、左端から削除されます。

+

左端からの削除の代わりに、右端からの削除を指定します。&COMPN または &USERN と組み合わせて使用します。この記号は、文字列内のどこにでも挿入できます。

 

 

注意:

  • これらの記号と組み合わせて使用できる文字列は 1 つだけです。複数の文字列を使用すると、2 番目の文字列が削除されます。例えば、%MyDevice= は有効です。一方、%My=Device は無効であり、システムによって &My= として扱われます。
  • 同じ文字列に &COMPN と &USERN の両方を使用することはできません。
  • 上記に説明した特殊文字に基づいて Reflection で固有のデバイス名を自動生成するには、[デバイス名を生成する] オプションを有効にする必要があります。プリンタセッションでは、このオプションは既定ではオフです。有効にする方法については、[デバイス名の生成] の項を参照してください。

[ホスト接続の設定]

複数のバックアップホストを入力すると、各ホストの接続オプションが別々のタブにリストされます。

[オプション]

[デバイス名を生成する]

このオプションをオンにした場合、Reflection は、[デバイス名] フィールドで指定された値に基づいてデバイス名を自動的に生成します。

例えば、指定したデバイス名が %ABC= である場合、Reflection は、端末セッションにデバイス名 SABC1 を生成します。SABC1 がすでに使用中である場合、Reflection は、SABC2、SABC3 などのデバイス名の生成を試みます。

[デバイス名] を「%123*」に設定すると、最初の端末セッションには S123A、2 番目のセッションには S123B という順にデバイス名が生成されます。

このオプションをオフにすると、指定されたデバイス名が使用中であれば、セッションは接続しません。

[モデル]

[端末モデル]

エミュレートする端末 (「ディスプレイステーション」とも呼ばれます) を指定します。

[セキュリティ]

[セキュリティの設定]

SOCKS または SSL/TLS を使用してデータ通信のセキュリティを保護します。

関連項目

[接続設定の構成] ダイアログボックス (5250)

[接続詳細設定の構成] ダイアログボックス

[端末設定の構成] ダイアログボックス

デバイス名の生成