[ローカルポート転送] ダイアログボックス

表示方法

ローカルポート転送を構成するには、このダイアログボックスを使用します。指定したローカルポートへの送信データは、安全なトンネルを介して、指定したリモートホストのポートへ転送されます。

以下のオプションをすべて指定する必要があります。

 

[ローカルポートの転送]

PC の使用可能なポートを指定します。このポートに送信されたデータは、SSH トンネルを介して転送されます。

 

[転送先のホスト] の [名前]

データの送信先ホストコンピュータを指定します (localhost を指定して、すでに Secure Shell 接続を確立した同じリモートホストの異なるポートにデータを転送できます)。

 

[ポート]

データの送信先のリモートホストのポートを指定します ([リモートデスクトップにトンネル接続する] を選択した場合は、Reflection で正しいリモートポートが自動的に構成され、このボックスは選択できなくなります)。

 

[転送の種類]

[TCP][FTP] の 2 つのオプションがあります。FTP クライアントとサーバ間で通信を転送する場合を除いて、TCP を使用してください。

構成可能なオプション

 

[リモートデスクトップにトンネル接続する]

Windows リモートデスクトップセッションにトンネル接続する場合は、このチェックボックスをオンにします。このオプションをオンにするとその他のオプションが選択できなくなり、Reflection で自動的にセッション転送設定が正しく構成されます。

 

[Reflection FTP を使用]

このボタンは、[転送の種類] が [FTP] に設定されている場合のみ表示されます。クリックすると、[起動するアプリケーション] に、Reflection FTP クライアントを起動して FTP 通信をトンネル接続するための正しい値が自動的に入力されます。

 

[起動するアプリケーション] の [名前]

Secure Shell 接続確立後に、Reflection が自動的に起動するアプリケーション (メールクライアント、FTP クライアント、または Web ブラウザ) の名前を入力します。安全なトンネルを使用するには、[ローカルポートの転送] に設定したポートに接続するようにアプリケーションを構成する必要があります。一部のアプリケーションでは、コマンドライン引数を使用してこのように構成できます。引数は [引数] テキストボックスに指定します。

 

[引数]

指定したアプリケーションが起動した時に使用するオプションのコマンドライン引数を指定します。

注意: ポート転送の設定は、現在指定されている SSH 構成セクションに保存されます。