[一般] タブ (Secure Shell の設定)

開き方

オプションは次のとおりです。

 

[ポート番号]

サーバ上の接続先ポートを指定します。既定は 22 で、これは Secure Shell 接続の標準ポートです。

 

[プロトコル]

ホストへの接続の確立時に Reflection で使用する、Secure Shell プロトコルのバージョンを指定します。セキュリティを確保上 [2 のみ] に設定します。

 

[ユーザ認証]

いずれかの認証方式の横のボックス内をクリックして、その方式をオフまたはオンにします。少なくとも 1 つは選択指定する必要があります。矢印を使用して、上下移動させ優先順位を指定します。サーバ側で許可している方式について、上から順に試行します。

 

[サーバキープアライブ]

[サーバキープアライブ] が選択されている場合、指定間隔でサーバに対して健全性維持確認のためのNOOP メッセージを送信します。この設定を使用して、サーバへの接続を維持します。[間隔] を使用して、キープアライブメッセージを送信する間隔を指定します。この設定が無効の場合、サーバがダウンしたり、ネットワーク接続が切断されても、Secure Shell 接続は終了しません。この設定を使用して、TCP セッションのみを転送する接続がサーバで時間切れになるのを防ぐこともできます。この設定を使用しないと、サーバで SSH トラフィックが検出されない場合、これらの接続は時間切れになります。

Windows のレジストリにTCP キープアライブ設定というのがありますが、これはファイアウォールによってすべての TCP/IP 接続が時間切れにならないようにするものです。本設定は、この TCP キープアライブ設定とは関係ありません。TCP/IP のキープアライブの動作を変更するには、Windows のレジストリを編集する必要があります。

 

[圧縮を使用]

[圧縮を使用] をオンにすると、クライアントは、すべてのデータを圧縮するよう要求します。圧縮は、モデムを介した接続などの低速回線上では効果的ですが、高速なネットワークでは逆に応答速度の低下を招きます。圧縮レベルの設定はプロトコルバージョン 1 でのみ使用可能です。プロトコルバージョン 2 接続には適用されません。

 

[既存の接続がある場合、それを利用]

同一のサーバとクライアント間で複数の接続指定をした場合、既定では 確立済みの既存のセッションを再使用するので、再度の認証処理手続きを必要としません。本設定の選択を解除すると、同一のサーバとクライアント間でも、接続のつど認証処理手続きを実施し、新たなセッションを確立します。

 

[記録内容]

Secure Shell のログファイルにどの程度の情報を記録するのかを指定します。

注意

  • このダイアログボックスで構成した設定は、Secure Shell 設定ファイルに保存されます。また、このファイルを任意のテキストエディタで手作業で編集することにより Secure Shell 設定を構成することもできます。
  • この構成ファイルの内の設定は、現在指定されている SSH 構成セクション用に保存されます。

関連項目

Secure Shell 設定の構成

[暗号化] タブ (Secure Shell の設定)

[ユーザ鍵] タブ ([Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックス)

[ホスト鍵] タブ ([Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックス)

[トンネリング] タブ ([Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックス)

[ホストデータ] タブ ([Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックス)