[マルチホップサーバの構成] ダイアログボックス

表示方法

このダイアログボックスで、マルチホップの一覧にサーバを追加します。以下のオプションをすべて指定する必要があります。

[ローカルポートの転送]

ローカルの Windows ワークステーションのポートを指定します。このポートに送信されたデータは、SSH トンネルを介してサーバに転送されます。

[名前]

送信データを通過させるホストコンピュータを指定します。このサーバで必要なユーザ名が、元の接続で指定したユーザ名と異なる場合は、ユーザ名 <ユーザ名>@<ホスト名> を使用します。

[構成]

[Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスでは、このトンネルに [全般][暗号化][GSSAPI] の設定を指定できます。

[ポート]

データの送信先リモートホストのポートを指定します。既定では、多くの SSH サーバで使用されているポートである「22」が設定されています。

注意

  • このダイアログボックスで構成した設定は、Secure Shell 設定ファイルに保存されます。また、このファイルを任意のテキストエディタで手作業で編集することにより Secure Shell 設定を構成することもできます。
  • この構成ファイルの内の設定は、現在指定されている SSH 構成セクション用に保存されます。