SSH 構成セクション

すべての Reflection Secure Shell 構成情報は、SSH 構成セクションを使用して Secure Shell 構成ファイルに保存されます。Secure Shell 接続時、Reflection では現在の SSH 構成セクションを使用して、接続方法を決定します。また、設定を変更すると、Reflection では変更を現在の SSH 構成セクションに保存します。

特定のホストに固有の Secure Shell 設定を構成したい場合、SSH 構成セクション名をホスト名と同じにする必要があります。

注意: セクションを指定せずに [Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを開いた場合、Secure Shell 設定のいずれかを変更するとすぐに、現在指定されているホスト名を使用して、Reflection により新しい SSH 構成セクションが自動的に作成されます。

複数のホストに対する接続に同じ Secure Shell 設定を使用したい場合、[Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを開く前に、SSH 構成セクションに内容を表す名前を入力し、このセクションに保存したい設定を構成します。セクションを作成および構成すると、以降のホストセッションの構成時にこのセクションを指定できます。

SSH 構成セクションの名前は、大文字と小文字が区別されます。

SSH 構成セクションの保存方法

Reflection Secure Shell 構成情報は、Secure Shell 構成ファイルに保存されます。SSH 構成セクション名は、キーワード Host を使用して識別されます。構成ファイルは、[Reflection Secure Shell の設定] ダイアログボックスを閉じると更新されます。構成する既定以外のすべての設定は、現在のセクションに保存されます。

例については、「サンプル構成ファイル」を参照してください。

関連項目

Secure Shell 構成ファイル