スペルチェック用ユーザ辞書の作成

スペルチェック機能をより効果的に活用するために、スペルチェック用ユーザ辞書を作成し、ユーザの業務や産業に固有で、メイン辞書に含まれていない語を追加しておくと便利です。スペルチェックを使用すると、メイン辞書とユーザ辞書の両方が使用されます。

注意:

  • この機能は、VT セッションでは使用できません。
  • スペルチェックは日本語には対応していません。
  • スペルチェック辞書は、入力時のスペルの修正には使用されません。入力時のスペル修正機能には、一般的にスペルミスしやすい単語から構成される別のファイルが使用されます。

スペルチェック用ユーザ辞書を作成するには

  1. [ツール][ツール] グループから [スペルチェック] をクリックします。
  2. [ユーザ辞書ファイル] フィールドにユーザ辞書ファイルのパスおよびファイル名を入力します。

    ファイル名には拡張子を付ける必要があります (.tlx を推奨します)。

  3. [OK] をクリックします。

    ユーザ専用のファイルが作成されます。

スペルチェック用ユーザ辞書に項目を追加するには

  1. ホスト画面で、スペルミスとしてマークされていて、辞書に追加しておきたい項目を右クリックします。
  2. 表示される一覧から、[辞書に追加] を選択します。

関連項目

[スペルチェックの構成] ダイアログボックス

スペルエラーの検出と訂正