[画面履歴の構成] ダイアログボックス

表示方法

画面履歴は、ユーザが IBM 3270 および 5250 ホスト画面に移動するたびに、ホスト画面の記録を作成します。VT 画面は、手動キャプチャを使用して記録できます。これらの画面から情報を表示して確認し、複数のホスト画面を Microsoft Word、PowerPoint、および Outlook の電子メールメッセージおよびメモ (コンピュータにインストールされている場合) に送信することができます。

注意: ホスト画面のテキスト領域のみが記録されたイメージに含まれます。ホストグラフィックイメージは含まれません。

[オプション]

 

[保持する画面の最大数]

現在のセッションの画面履歴に同時に記録および保持する画面の最大数を設定します。

 

[手動キャプチャのみ]

自動画面履歴の記録機能を無効にするにはこのチェックボックスをオンにします。

VT は手動キャプチャのみに対応しているので、VT セッションではこのチェックボックスは表示されません。

 

[切断したときに、画面履歴をクリアする]

オンにすると、何らかの理由でセッションが切断された時に、画面履歴が削除されます。オフにすると、セッションの終了時に画面履歴が削除されます。

注意: 画面履歴をファイルに保存済みの場合、画面履歴ファイルに影響はありません。

関連項目

画面を手動で取り込む