スクラッチパッドにメモする

スクラッチパッドは、メモをセッションに関連付けるために使用します。タスク画面から、スクラッチパッドのメモを .RTF ファイルまたは .TXT ファイルとして印刷または保存することができます。

ファイルを後で再度開くには、信頼された場所に保存する必要があります。

スクラッチパッドにメモするには

  1. [セッション] リボンの [生産性] グループから [スクラッチパッド] ボタンをクリックし、次のどちらかの手順を行います。
    • [スクラッチパッド] タスク画面を開きます。

      または

    • 下矢印をクリックして [スクラッチパッド] ギャラリを開きます。
  2. スクラッチパッドにメモを入力します。
  3. [名前を付けて保存] ツールバーボタンをクリックしてメモを保存します。

[スクラッチパッド] タスク画面のツールバーから以下のコマンドを使用することもできます (また [CTRL] + [A][CTRL] + [C] などの通常のキーボードショートカットも使用できます)。

クリック

方法

[保存]

[スクラッチパッド] タスク画面の内容をリッチテキストファイル (.RTF) またはプレーンテキスト (.TXT) として保存します。セッションを閉じるとき、スクラッチパッドは、別のファイルに保存しない限り、保持されません。

[開く]

.RTF または .TXT ファイルを開きます。

該当するファイルは、信頼された場所にないと、Reflection で使用することができません。

[印刷]

スクラッチパッドの内容を印刷します。

[切り取り]

選択した項目を切り取り、それをクリップボードにコピーします。

コピー

選択した項目をクリップボードにコピーします。

[貼り付け]

クリップボードの内容をスクラッチパッドのカーソル位置に貼り付けます。

[すべてクリア]

すべての内容を一度にクリアします。

[自動非表示]

タスク画面を隠しモードにします。それによってタスク画面がアプリケーションフレームの横に折りたたまれます (タスク画面を再度開くには、マウスをその折りたたまれた部分上に置きます)。

関連項目

[信頼された場所の指定] ダイアログボックス