[オフィスツールの構成] ダイアログボックス

表示方法

オフィスツール機能を使用すると、Microsoft Office アプリケーションがコンピュータにインストールされている場合、ホストデータを Microsoft Office アプリケーションと統合できます。Word ドキュメントおよび PowerPoint プレゼンテーションの作成、メールの送信、予定の登録、メモやタスクの追加、新しい連絡先の作成などが可能です。

[オフィスツールの既定値]

 

[プレゼンテーションのテンプレートファイル]

既定のプレゼンテーションテンプレートファイルを設定します。

 

[ワープロのテンプレートファイル]

既定のワープロのテンプレートファイルを設定します。

注意: この設定には、[オフィスツール] タスク画面からもアクセスできます。このタスク画面は、リボンで [オフィスツール] をクリックすると表示されます。

 

[ワークスペースの終了時にオフィスドキュメントを閉じる]

Reflection を終了する時にオフィスドキュメントも閉じます。ドキュメントを保存しなかった場合、オフィスは閉じる前にそれらのドキュメントを保存するかどうかを尋ねます。

関連項目

ホストデータをオフィスツールに統合する

[オフィスツール] ダイアログボックス