[記録の設定] ダイアログボックス

表示方法

このダイアログボックスを使用して、記録を構成したり、ホストへのシリアルデバイス通信を使用可能にします。

オプションは次のとおりです。

[出力先]

 

[プリンタ]

[印刷の設定] で選択されているプリンタが表示されます。

[印刷の設定]

Reflection のみに適用されるプリンタ設定を制御するか、別の Windows プリンタを選択します。

 

[ファイル]

出力をプリンタではなくファイルに送信する場合に選択します。 出力ファイルのパスおよびファイル名を入力します。

ASCII テキストファイルが作成され、線描文字が最も類似した ANSI 文字へ変換されます。

 

[シリアルデバイス]

オンにすると、構成済みのシリアルポートに接続されている双方向シリアルデバイスに出力が送信されます。詳細については、「ホストとシリアルデバイス間の通信の自動的な有効化」を参照してください。

注意: [シリアルデバイス] オプションは、通常の印刷では使用しません (シリアルポートに Windows プリンタが接続されている場合も含む)。このオプションは、バーコードリーダのようなデバイスをシリアルポートに接続し、Reflection を介してホストとデバイス間で情報を相互にやり取りしなければならないような場合にのみ使用します。

[構成]

クリックすると、シリアルポートを選択し、構成できます。

[詳細設定] ダイアログボックスの [構成] ボタンは、[記録の設定] ダイアログボックスの [構成] ボタンと同じです。シリアルデバイスポートの構成には、これらのボタンを使用してください。

関連項目

記録をとる方法

ホストとシリアルデバイス間の通信の自動的な有効化

[シリアルデバイスポートの構成] ダイアログボックス