フォントの割り当て (5250 プリンタセッション)

ローカルプリンタフォントを AS/400 ドキュメントで使用されるフォント ID に割り当てることができます。次に、これらのフォント ID を AS/400 のソースドキュメントに挿入し、フォント ID に各種のフォント、スタイル、サイズ構成を割り当てることができます。

フォント ID をフォントに割り当てない場合、Reflection は一致するフォントを見つけようとしますが、出力ではドキュメントで指定されているフォントに近いフォントが使用されます。

フォント ID をフォントへ割り当てるには

  1. 5250 プリンタセッションを開きます。
  2. プリンタパネルの [設定] ボタンをクリックします。
  3. [プリンタセッションの設定] ダイアログボックスで、[フォントの割り当て] ボタンをクリックします。
  4. [フォント] ダイアログボックスで、[フォント ID] テキストボックスに番号を入力します。
  5. フォント名、サイズ、フォントスタイルを選択します。
  6. [フォントをこの ID に割り当てる] をクリックします。

[割り当てられているフォント] ボックスに、次のような行が追加されます。

フォント ID の割り当て例

この場合では、フォント ID 151 に関連付けられたテキストは、10 ポイントの標準 Courier フォント (太字や斜体ではありません) で印刷されます。

関連項目

[フォント] ダイアログボックス

[プリンタセッションの設定] ダイアログボックス (5250 プリンタセッション)

プリンタセッションの設定の構成