Telnet の暗号化レベル

開き方

この設定では SSL/TLS (Secure Sockets Layer/Transport Layer Security) データストリーム暗号化で使用されている暗号化のレベルを指定します。 この設定を構成するには、[Telnet の暗号化] を使用可能にする必要があります。

[既定] に設定すると、暗号化レベルがハンドシェーク中にホストと Reflection によって確立されます。 暗号化レベルを特定の値に設定する場合は、サーバがその暗号化レベルに対応している必要があります。 サーバがそのレベルに対応していない場合は、接続が確立されません。 FIPS モードで実行中に [既定] を選択した場合、FIPS に準拠した暗号化レベルのみを使用して交渉が実行されます。