アクセス許可マネージャのアイテム: TN5250 詳細設定

TN5250 詳細設定

 

アイテム名

サブグループ

UI の説明

 

AS400Host

 

SLP (Service Location Protocol) が使用可能な場合に接続する AS/400 ホストの名前。

 

Async TransportEnabled

 

ホストとの対話でポーリングモードに戻ります。これは、主に診断目的に使用されます。

 

AutoReconnect

 

Reflection が開始していない切断が発生すると、再接続します。

 

AutoSignon

サインオンのオプション

サインオンのオプション (全オプション)。

 

BackSpaceKeyAsDelete

 

[Backspace] キーを [Delete] キーとして扱います。

 

ConnectMacro

接続マクロ

最初の接続の後でマクロまたは他の操作を実行します。

 

ConnectMacroData

 

接続の確立後に自動的に実行されるマクロの名前。

 

ConnectScript

 

接続の確立後に自動的に実行される Reflection スクリプト。

 

ConnectScriptArguments

 

接続の確立後に接続スクリプトに渡すパラメータ文字列。

 

DBCSUnmappedChar

 

Shift- JIS DBCS 文字変換表にない 2 バイトホスト文字の変換方法をユーザが選択できるようにします。

 

DefaultPorts

 

(IBM によって定義された) 既定のポート番号を使用してホスト TP との通信を試みます。

 

FileSystem

 

ホストからのテキスト転送に ANSI 文字セットと ASCII 文字セットのどちらを使用するかをユーザが選択できるようにします。

 

HLLAPILongName

 

特定の Reflection セッションに関連付けられた HLLAPI アプリケーション。

 

HLLAPIShortName

 

HLLAPI アプリケーションが Reflection セッションにリンクするために使用する ID。

 

HLLAPIStyle

HLLAPI オプション

HLLAPI 構成。これには、数値または定義済み定数を使用できます。

 

KeepAlive

その他

定期的にホストにポーリングして、ホストにデータを送信していない間に Telnet 接続が引き続きアクティブかどうかを判断します。

 

KeepAliveTimeout

その他

Reflection が送信するキープアライブ要求の間隔 (秒単位)。

 

ModeName

 

アプリケーションのプロパティ。既定値は「QPCSUPP」で、これは AS/400 で 5250 アプリケーションに定義されている共通モード名です。

 

MPTNIPAddress

 

完全修飾ホスト名の後続語で、SNA ドメイン名の後続語を伴います。Hosts ファイルまたは TCP/IP ドメインネームサーバにあります。

 

Password

サインオンのオプション

パスワード ([指定のユーザ ID とパスワードを使用して自動サインオンする] の下)。

 

ReuseMSSNAPoolName

 

Reflection で MS SNA プール名を処理する方法をユーザが指定できるようにします。オフ (既定値) にした場合、管理者は、各ユーザに、それぞれが必要とする接続数分のプールを割り当てる必要があります。オンにすると、管理者は各ユーザにプールを 1 回割り当てるだけで済みます。

 

RunMacroAtReconnect

接続マクロ

再接続時に実行します。

 

SingleSignOn

 

単一のユーザ名とパスワードを複数のログオン手順に使用します。

 

TelnetEnvironment

 

Reflection との接続が確立され次第、自動的にホストにログオンします。

 

TelnetLocation

その他

接続元の場所。また、これは PC からホストへの情報メッセージの提供にも使用できます。

 

TNAPPNGateway

 

save screen コマンドに対しては Telnet 中継ヘッダに 3 番目の PC Support ヘッダを追加し、restore screen コマンドに対しては削除します。これは、Telnet を経由した Apertus ゲートウェイへの 5250 接続のみで有効です。

 

UserDataDirectory

 

ユーザが作成する設定ファイルやトレースファイルなどを既定で保存するフォルダ。

 

UserID

サインオンのオプション

ユーザ ID ([指定のユーザ ID とパスワードを使用して自動サインオンする] の下)。

関連項目

アクセス許可マネージャ

アクセス許可マネージャを使用した、アプリケーション機能へのユーザアクセスの制限

アクセス許可マネージャのアイテム: TN5250 基本