アクセス許可マネージャのアイテム: TN3270 詳細設定

TN3270 詳細設定

 

アイテム名

サブグループ

UI の説明

 

AssociatedPrinterSession

 

関連付けられている 3270 プリンタセッションのファイル名。

 

AssociatePrinterBy

TN3270 拡張プロトコル

関連付けられている 3270 プリンタセッション、または連結文字列。

 

AsyncTransportEnabled

 

ホストとの対話でポーリングモードに戻ります。これは、主に診断目的に使用されます。

 

AttentionKey

TN3270 専用

ATTN キーの機能を TelnetAbortOutput、TelnetBreak、または TelnetIntProcess にします。

 

AutoReconnect

 

Reflection が開始していない切断が発生すると、再接続します。

 

BackSpaceKeyAsDelete

 

[Backspace] キーを [Delete] キーとして扱います。

 

ConnectMacro

接続マクロ

最初の接続の後でマクロまたは他の操作を実行します。

 

ConnectMacroData

 

接続の確立後に自動的に実行されるマクロの名前。

 

ConnectScript

 

接続の確立後に自動的に実行される Reflection スクリプト。

 

ConnectScriptArguments

 

接続の確立後に接続スクリプトに渡すパラメータ文字列。

 

DBCSUnmappedChar

 

Shift- JIS DBCS 文字変換表にない 2 バイトホスト文字の変換方法をユーザが選択できるようにします。

 

EnableAssociatedPrinter

 

関連付けられているプリンタを有効にします(AssociatePrinterBy、AssociatedPrinterSession、および TNAssociation を参照してください)。

 

ExpressLogonFeature AppID

セキュリティ

高速ログオン機能 (ELF) 対応に使用するアプリケーション ID。

 

FileSystem

 

ホストからのテキスト転送に ANSI 文字セットと ASCII 文字セットのどちらを使用するかをユーザが指定できるようにします。

 

HLLAPILongName

HLLAPI オプション

特定のセッションに関連付けられた HLLAPI アプリケーション。

 

HLLAPIShortName

HLLAPI オプション

HLLAPI アプリケーションがセッションにリンクするために使用する ID。

 

HLLAPIStyle

HLLAPI オプション

HLLAPI 構成。これには、数値または定義済み定数を使用できます。

 

KeepAlive

その他

定期的にホストにポーリングして、ホストにデータを送信していない間に Telnet 接続が引き続きアクティブかどうかを判断します。

 

KeepAliveTimeout

その他

Reflection が送信するキープアライブ要求の間隔 (秒単位)。

 

ReuseMSSNAPoolName

 

MS SNA プール名の処理方法をユーザが選択できるようにします。オフ (既定値) にした場合、管理者は、各ユーザに、それぞれが必要とする接続数分のプールを割り当てる必要があります。オンにすると、管理者は各ユーザにプールを 1 回割り当てるだけで済みます。

 

RunMacroAtReconnect

接続マクロ

再接続時にマクロを実行します。

 

SameModel

TN3270 専用

指定すると、メイン画面と代替画面に同じモデルを使用します。

 

Support3270Partitions

 

ホストからの照会に応じて、端末からホストへパーティションに関連する情報を送信します。

 

SysReqKey

TN3270 専用

SysReq 関数の送信時の処理を指定します。このキーの定義は、ホストアプリケーションによって異なります。

 

TelnetLocation

その他

接続元の場所。また、これは PC からホストへの情報メッセージの提供にも使用できます。

 

TelnetResponseMode

TN3270 詳細設定

ホストからメッセージを受信するたびに PC からホストにメッセージを返します。

 

TNAssociation

 

ホストの 3270 端末セッション。3270 端末セッションと特定の 3270 プリンタセッションを関連付けるためには、これを使用します。

 

UserDataDirectory

 

ユーザが作成する設定ファイルやトレースファイルなどを既定で保存するフォルダ。

関連項目

アクセス許可マネージャ

アクセス許可マネージャを使用した、アプリケーション機能へのユーザアクセスの制限

アクセス許可マネージャのアイテム: TN3270 基本