以前の Reflection マクロの編集

Visual Basic エディタでは、以前の Reflection マクロを編集できます。ただし、一部の Session メソッドおよびプロパティは、使用できなくなっています。 詳細については、「Reflection VBA Guide」([ヘルプ] - [VBA ガイド] コマンド) を参照してください。

以前の Reflection マクロを編集するには

  1. 以前のマクロが含まれる設定ファイルを開きます。

    または

    1 つまたは複数の以前のマクロが含まれる設定ファイルが Reflection セッションドキュメントに保存済みの場合は、該当するセッションドキュメントを開きます。

  2. [ツール] リボンの [マクロ] グループで、[Visual Basic] をクリックします。[Visual Basic] ボタンが表示されない場合は、ワークスペースを拡張します。
  3. [プロジェクト] 画面で、ProjectLegacy (ファイル名) という名前のプロジェクトを見つけて該当するモジュールを開き、マクロを編集します。

    注意: 以前のマクロに対する編集は、以前のプロジェクト (ProjectLegacy) で行う必要があります。

  4. 該当するファイルを Reflection セッションドキュメントとして保存し、変更点を保持します。

    該当するマクロは、Reflection セッションドキュメント内にあっても、「以前のマクロ」として認識されます。

Reflection Basic マクロの編集

Reflection では、Reflection Basic エディタを使用して、Reflection Basic スクリプトを編集できます。ただし、それらのファイルに新しいスクリプトを追加することはできません。

Reflection Basic スクリプトを編集するには

  1. Reflection Basic エディタを開きます (Reflection Basic エディタを起動するには、Reflection Basic エディタの実行という操作をボタンやキーボードショートカットなどのカスタムコントロールに関連付ける必要があります)。
  2. 編集対象の Reflection Basic スクリプトを開きます。
  3. Reflection のオブジェクト名として Application を使用します。
  4. (オプション) 他の Reflection Basic スクリプト内にある情報またはプロシージャにアクセスするには、$Include メタコマンド、Declare ステートメント、または RunScript メソッドを使用します。

関連項目

[操作の選択] ダイアログボックス