レイアウトの使用

Reflection では、ワークスペースのサイズ、位置、および配置と、すべての開いている端末セッションドキュメントまたは Web セッションドキュメントをレイアウトファイルに保存できます。Reflection が開かれると、レイアウトが自動的に開かれて、レイアウトに保存されたすべてのドキュメントが配置され、すべての固定画面 (スクラッチパッドや画面履歴など) が開かれて所定の場所に置かれ、セッションドキュメントが構成済みホストに接続されます。

また、レイアウトはタブのプロパティを適用するため、ドキュメントタブにカスタム名を追加することができます。これは、例えば、1 つのホスト上で 2 つの異なるアプリケーションを使用する場合に便利です。そのホストに接続するセッションドキュメントを作成して、そのドキュメントを 2 回開き、各タブに異なる名前を追加して、レイアウトを保存します。

ドキュメントタブに名前を追加しても、ファイル名はワークスペースのタイトルバーに引き続き表示されます。

また、レイアウトファイルを使用して、Reflection の複数のインスタンス内で Reflection .NET API に同時にアクセスできます。

注意: レイアウトを開く時にすでに端末セッションドキュメントまたは Web セッションドキュメントが開いている場合、レイアウトは新しいワークスペースで開きます。

このセクションの内容

レイアウトの作成または変更

レイアウトを開く

[レイアウトの設定] ダイアログボックス

[タブのプロパティ] ダイアログボックス