[レイアウトの設定] ダイアログボックス

表示方法

Reflection の複数インスタンス内の Reflection .NET API に同時にアクセスするには、レイアウトファイルを使用します。このダイアログボックスを使用して、Reflection のインスタンスの API (レイアウトファイルを開いたときに起動する) にアクセスする方法を定義します。(同時に、[API とマクロのセキュリティの設定] ダイアログボックスで、その API を有効にしておく必要があります。)

注意: Reflection は、レイアウトに対する変更の保存を要求するプロンプトを表示しません。

API の設定

[オートメーションサーバ名]

特定の Reflection インスタンスへのアクセスに使用する名称を指定します。例えば、このサーバ名を、オートメーションを使用して実行中の Reflection インスタンスを取得する VBA マクロ内に指定することができます。

 

[IPC チャネル名]

チャネル名を指定します。この設定は、保存されたレイアウトの [API とマクロのセキュリティの設定] ダイアログボックスで指定した IPC チャネル名よりも優先されます。カスタムアプリケーションでは、この名称で Reflection インスタンスの API (レイアウトファイルを開いたときに起動する) にアクセスしてください。([API とマクロのセキュリティの設定] ダイアログボックスで、[IPC を使用する] をオンにしておいてください。)

 

[API ポート]

ポートを指定します。この設定は、保存されたレイアウトの [API とマクロのセキュリティの設定] ダイアログボックスで指定した API ポート設定よりも優先されます。カスタムアプリケーションでは、このポートで Reflection インスタンスの API (レイアウトファイルを開いたときに起動する) にアクセスしてください。([API とマクロのセキュリティの設定] ダイアログボックスで、[TCP/IP を使用する] をオンにしておいてください。)

関連項目

[API とマクロのセキュリティの設定] ダイアログボックス

レイアウトの使用

レイアウトの作成または変更