[チケットの暗号化の種類] ダイアログボックス

開き方

このダイアログボックスから、KDC に要求するチケットの暗号化の種類を定義できます。すべての接続で特定の暗号化の種類を要求するには、[KDC に要求する暗号化の種類] 一覧から他のすべての暗号化の種類を削除します。対応するサーバで特定の暗号化の種類が必ず使用されるようにするには、その暗号化の種類を一覧の先頭に移動します。

注意: 特定のレルムに対して暗号化の種類 (または暗号化の種類の一覧) を構成するには、そのレルムを [構成] タブで選択してから、このダイアログボックスで暗号化の種類を追加します。

以下のオプションがあります。

[KDC に要求する暗号化の種類]

要求するすべての暗号化の種類を表示します。

[MD5 IV でパスワードを使用する]

オンにすると、パスワードが MD5 暗号化の初期化ベクタとして使用されます (CyberSafe 社の Kerberos 実装を使用している場合は、このチェックボックスを必ずオンにしてください)。オフにすると、0 が使用されます。

[追加]

クリックして、新しい暗号化の種類を一覧に追加します。

[削除]

クリックして、選択した暗号化の種類を一覧から削除します。

[上へ]/[下へ]

選択した暗号化の種類を一覧内で上または下に移動します。

関連項目

暗号化の種類の概要