格納場所の既定メディアの指定

新規に作成する各プリンシパルプロファイルの既定の格納場所のメディアを指定します。新規プロファイルの作成時に、[格納場所のメディア] の設定を変更することにより、[格納場所の既定メディア] の設定を上書きできます。

格納場所の既定メディアを設定するには

  1. Kerberos マネージャを起動します。
  2. [構成] - [レルムの構成] コマンドを選択します。
  3. [コンピュータの既定値] タブをクリックします。
  4. [格納場所の既定メディア] で、資格情報を PC 上のファイルに格納するには [ファイル] を選択します。

    または

    [メモリ] を選択して、すべての Kerberos 対応アプリケーションを終了するまで資格情報をメモリに保持します (メモリは最も安全な格納場所メディアです)。

    注意: 資格情報をメモリ内の隠された場所に格納するには、プロファイルを作成する時に、[新規プリンシパルプロファイルの作成] ダイアログボックスで [隠しファイル] をオンにします。

関連項目

[コンピュータの既定値] タブ ([構成] ダイアログボックス)