発券許可チケットの値の設定

新規プリンシパルプロファイル用のすべての発券許可チケットの既定値を [レルムの既定値] タブで指定する必要があります。チケットの既定値を変更しても、既存プリンシパルプロファイルのチケットの値は影響を受けません。

最終的には、KDC (Key Distribution Center: 鍵配布センター) が Kerberos チケットの有効期間を決定します。また、チケットの有効期間が一定範囲内になるように KDC を構成することができます。この場合は範囲外の期間を要求すると、その要求は上書きされます (TGT を取得するには、そのホストに対して認証を行う必要があります)。

注意: 新しいチケットを取得する時に、[認証] ダイアログボックスで現在のチケットの設定を変更できます。

レルムに対して発行されるすべてのチケットの既定値を設定するには

  1. Kerberos マネージャを起動します。
  2. [構成] - [レルムの構成] コマンドを選択します。
  3. [構成] タブで、[レルムの一覧] からレルムを選択し、[プロパティ] をクリックします。
  4. [レルムの既定値] タブをクリックします。
  5. [チケットの有効期間] に値を指定します。
  6. チケット転送を有効にするには、[転送可能チケット] チェックボックスをオンにします。
  7. [チケットの更新時刻] に値を指定して、[OK] をクリックします。
  8. [OK] をクリックします。

関連項目

ホストに対する認証