[オプション] ダイアログボックス

スマート転送方式が選択されていて、未定義拡張子のファイルを転送する場合に、このダイアログボックスが表示されます。この拡張子を持つソースファイルに使用する転送方式を指定します。

注意: 設定ファイルを保存すると、その関連付けがスマートファイル転送一覧に永続的に追加されます。

オプションは次のとおりです。

 

[テキストファイル]

 

.txt.html などのテキストファイルを転送する場合に ASCII 転送を使用します。

 

[バイナリファイル]

 

.exe.doc などのバイナリファイルを転送する場合にバイナリ転送を使用します。バイナリファイルは、転送時に変換が行われません。

 

[Tenex]

DECsystem-20 など、1 バイトが 8 ビットでないバイトを使用しているサーバとの間でファイルを移動する場合は、Tenex を使用します (この転送方式は「ローカル 8」としても知られています)。

 

[ユーザに尋ねる]

その拡張子のファイルの処理方法を必ず尋ねられるようにする場合、このオプションを選択します。例えば、異なるファイルの種類で同じファイル拡張子が使用される場合、このオプションを選択します。

注意: [ユーザに尋ねる] がそのファイルの種類にすでに指定されている場合、このオプションは使用できません。

関連項目

スマートファイル転送するファイルの種類の追加

ファイル転送方式の設定 (転送方式)