[転送] タブ ([<サイト> プロパティ] ダイアログボックス)

表示方法

サーバと PC 間のファイル転送中の、ファイル名と日付の処理方法を指定するには、このタブを使用します。オプションは次のとおりです。

サーバからのダウンロードオプション

 

[サーバファイルの日付を保持する]

ダウンロードされたファイルに関連付けられた、元の日付スタンプを保持します。サーバから転送したファイルに転送日時を示す日付スタンプを関連付けたい場合は、このチェックボックスをオフにします。

注意: [ディレクトリ] タブの [ファイル名だけを表示する] チェックボックスがオンになっている場合は、サーバファイルの日付は保持されません。

 

[Windows ファイル名を 8.3 形式で作成する]

オンにすると、ホストファイルが DOS 8.3 ファイル名形式で受信されます。

例えば、Longfilename.Document という名前のファイルは、PC に転送された時に Longfile.doc に自動的に変換されます。

注意: このチェックボックスを選択してワイルドカードによる転送を行う際、2 つの長いファイル名が同一の DOS 名に変換される場合に [既存のファイルがある場合] コマンドを [上書き] に設定すると、2 番目に転送されるファイルが最初のファイルを上書きしてしまいます。こうした事態が起こらないようにするには、[既存のファイルがある場合] の設定を [別名を付ける] に変更します。

 

[途中終了したバイナリファイルのダウンロードを再開する]

 

これを選択すると、FTP クライアントは、ファイルの転送が中断されてから、未転送となっている部分のダウンロードを再開します。

詳細については、「未完了のサーバファイル転送の再開」の項目を参照してください。

SFTP 接続では、この機能は使用できません。

サーバへのアップロードオプション

 

[ファイル名の拡張子を削除する]

ホストに転送されるファイルの名前から拡張子を削除します。アップロードされたファイルの名前に 1 つ以上のドットが含まれる場合は、最後のドットと、それ以降の文字はファイル名から削除されます。

 

[ファイル名の前に文字を追加する]

ホストへコピーされるファイルの名前の前に指定した文字を追加します。例えば、この機能を使って、IBM ホストに転送する際のメンバ名を指定できます。HP POSIX ホストに接続している場合、この値はピリオドの後にスラッシュが付いたもの (./) に自動的に設定されます。

 

[サーバファイル名の文字数を制限する]

ホストに転送されるファイルの名前の文字数を制限します。この文字数よりも長いファイル名は短縮されます。

 

[長いファイル名の大文字/小文字の設定]

転送されたファイル名が DOS 8.3 形式のファイル命名規則に適合していない場合にファイル名の大文字と小文字がどのように扱われるかを選択します。

 

[8.3 形式ファイル名の大文字/小文字の設定]

転送されたファイル名が DOS 8.3 形式のファイル命名規則に適合している場合にファイル名の大文字と小文字がどのように扱われるかを選択します。

 

[MVS 上の領域を計算する]

既定で、FTP クライアントは、ローカルのファイルサイズに基づき、MVS システム上のトラックの数を計算して事前に割り当てます。この機能を無効にする場合は、このオプションをオフにします。この設定は、MVS ホストのみに適用されます。

 

[転送前に SITE コマンドを送信する]

ファイルがアップロードされる前に実行される SITE コマンドを入力します。FTP コマンドラインで次のコマンドを入力して、どの SITE コマンドが現在の FTP サーバでサポートされるかを調べます。

QUOTE help site

SFTP 接続では、この機能は使用できません。

関連項目

既存のファイルの処理方法 (転送方式)

未完了のサーバファイル転送の再開

[ディレクトリ] タブ ([<サイト> プロパティ] ダイアログボックス)

ダウンロードしたファイルの時刻と日付の設定