[コンテキストメニューエディタ] ダイアログボックス

表示方法

このダイアログボックスから、セッションドキュメントのコンテキストメニューを変更できます。

注意: Web ページドキュメントのコンテキストメニューはブラウザアプリケーションによって決まっているため、変更できません。

[メニューアイテム]

現在のコンテキストメニュー上のアイテムを表示します。英数字の前のアンパサンド記号 (&) は、その文字と [ALT] キーを合わせて使用して操作を開始できることを示しています。

[メニューアイテムの追加]

現在選択しているメニューアイテムの下に新しいアイテムを追加します。新しいアイテムには「メニューアイテム」というラベルが付けられ、対応する操作はありません。

ラベルを変更したり、新しいアイテムに操作を割り当てるには、[メニューアイテムの設定] グループボックスの [ラベル] フィールドおよび [操作の選択] ボタンを使用します。

[区切り記号の追加]

現在選択しているメニューアイテムの下に新しい区切り行を追加します。

[削除]

選択された項目をコンテキストメニューから削除します。

[上に移動] / [下に移動]

[メニューアイテム] リスト内で選択した項目を上または下に移動します。

[メニューアイテムの設定]

[ラベル]

メニューアイテムの名前を提供します。

[操作]

操作の内部名。操作を変更するには [操作の選択] ボタンを選択します。

[操作の選択]

[操作の選択] ダイアログボックスを開きます。ここから各種の操作を選択したり、一連の操作を設定することができます。