[イベントトレースの処理] ダイアログボックス (VT セッション)

表示方法

このダイアログボックスを使用すると、VT セッションの問題をトラブルシュートする時に作成されたトレースを処理できます。

 

[スクリプトを作成する]

選択したフォルダにファイル拡張子 .rbs を持つレポートを作成します。このオプションを使用して、トレース (.rev) ファイルを Reflection Basic スクリプトファイルに処理します。

 

[レポートを作成する]

選択したフォルダにファイル拡張子 .txt を持つレポートを作成します。このオプションを使用して、トレース (.rev) ファイルをテキストベースのファイル形式に処理します。

[レポート書式]

[レポートを作成する] をオンにした場合、次のオプションも任意で選択できます。

 

[設定の詳細とシステム情報]

オンにすると、マシンのオペレーティングシステムの設定および情報が含まれます。

 

[タイミング]

オンにすると、トレース中に実行された各イベントアイテムの横にタイムスタンプが表示されます。

 

[ディスプレイメモリ]

オンにすると、ディスプレイメモリバッファのすべての情報が含まれます。

 

[ネットワークプロトコルの詳細]

オンにすると、接続に使用されているネットワークプロトコルの詳細が含まれます。

 

[コードページの詳細]

オンにすると、PC が使用しているコードページの情報が含まれます。

 

[特別編集]

オンにすると、トレースから機密情報が消去されます。具体的には、このオプションでは、英文字は X に、数字は 9 に置き換えられます。コントロールシーケンスおよびエスケープシーケンスは影響を受けません。アプリケーションデータのみが対象となります。

 

[文字列の構文]

表示文字列に使用する形式を選択します。[従来式]、[Visual Basic 式]、または [C 式] 文字列の構文から選択します。