トランスフォームファイルの作成および編集用パネル

表示方法

Reflection カスタム設定ツールを使用すると、主要なインストーラのデータベースを修正する MSI トランスフォームを作成することができます。また、Reflection カスタム設定ツールを使用してこの製品用に作成した既存の .mst ファイルを開いて編集することもできます。

作成したトランスフォームは、インストールに含める必要があります。トランスフォームは、setup.exe で起動するあらゆるインストールまたはコマンドラインインストール (配布ツールの多くで使用されている) とともに使用することができます。インストーラがトランスフォームを適用できるのは、インストール実行時だけです。

ヘルプが必要な事項

参照先

[インストール場所および組織名]

[ユーザのコンピュータ上の既定のインストールフォルダを指定してください。]

[ライセンスおよびセッションのメータリング]

[使用許諾契約書に同意して、インストールのセッションのメータリングオプションを定義してください。]

[ユーザインタフェース]

[インストールのユーザインタフェースオプションを選択してください。]

[以前のインストールの削除]

[削除するこの製品の以前のバージョンを指定してください。]

[インストールの追加とプログラムの実行]

[追加製品を追加または削除してプログラムを実行します。]

[設定プロパティの変更]

[セットアップのインストール時に適用するプロパティを設定してください。]

[機能のインストール状態の設定]

[機能ごとにクリックしてインストール状態を選択してください。]

[ショートカットの構成]

[この製品の既存のショートカットを変更または削除します。]

[レジストリデータの追加]

[インストール時にユーザのコンピュータに追加するレジストリデータを指定してください。]

[アプリケーション設定の変更]

[カスタム設定ファイルがインストールされているコンピュータのアプリケーション設定を変更します。]