インストールのカスタマイズ

Reflection をカスタマイズして、インストールの方法、外観、およびユーザのコンピュータでの動作を指定します。提供されるツールを使用すると、以下のことが可能です。

  • トランスフォームを作成してインストールをカスタマイズする
    1 つのインストールパッケージにつき、複数のトランスフォームを作成することができるので、部門やユーザのグループごとに別々のカスタムインストールを設定することができます。
  • コンパニオンインストールパッケージを作成しインストールする
    コンパニオンインストールを作成すると、Reflection を構成するファイルや、ユーザの所属組織に有用な追加のファイルをインストールできます。これらのファイルを Reflection とともにインストールする場合は、1 つまたは複数のコンパニオンパッケージを初期インストールに追加できます。また、初期インストール後はパッケージを随時作成およびインストールすることができます。コンパニオンパッケージは、Windows のインストール済みアプリケーションの一覧に個別のエントリとして表示され、Reflection とは別個にインストールまたはアンインストールできます。つまり、これらのカスタマイズしたファイルを削除することなく Reflection をアップグレードできます。

トランスフォームおよびコンパニオンインストールパッケージは MSI に準拠しているため、それらファイルは、Active Directory、SMS などその他の Microsoft インストーラ互換の配布ツールと、自由に組み合わせて使用することができます。

このセクションの内容

Reflection カスタム設定ツール

トランスフォームの作成と編集

コンパニオンインストールパッケージの作成

Reflection カスタム設定ツール参照