コンパニオンインストールパッケージの作成

Reflection とともにインストールされないファイルをインストールするために、コンパニオンインストールパッケージ (「コンパニオンデータベース」とも呼びます) を作成します。

注意: 設定ファイルのように、Reflection が開くファイルは信頼された場所にインストールする必要があります。コンパニオンデータベースに、このようなファイルを追加する場合は、ユーザのワークステーションでどのフォルダが信頼された場所に指定されているかを確認してください。

コンパニオンインストールパッケージを作成するには

  1. コマンドラインから Reflection カスタム設定ツールを開きます。

    path_to_setup\setup.exe /admin

  2. [カスタム設定の選択] ダイアログボックスで、[コンパニオンインストーラを新規作成する] を選択し (または既存の MSI を開き)、[OK] をクリックします。
  3. ナビゲーション画面で、[パッケージ情報の指定] を選択します。
  4. [名前の追加と削除] ボックスで、コンパニオンインストールの名前を入力します (この名前が、Microsoft Windows の [プログラムの追加と削除] パネルに表示されるタイトルになります)。
  5. [所属名] ボックスに、所属名を入力します。
  6. ナビゲーション画面で、[インストール場所の指定] を選択します。
  7. [既定のインストールフォルダ] リストで、プログラムまたはファイルをインストールするフォルダを選択します。
  8. [既定のショートカットフォルダ] リストで、プログラムのショートカットをインストールするフォルダを選択します。

    注意: フォルダを参照するリスト項目 ([ProgramMenuFolder] など) は定義済みのフォルダキーワードです。カスタム設定ディレクトリを作成するには、一般的なディレクトリ構文 ([ProgramFilesFolder]\マイ フォルダ など) に従って新規フォルダ名を追加します。または、ターゲットマシンに場所が存在していることが、わかっている場合にはフルパス (C:\Program Files\マイ フォルダなど) と入力することもできます。

  9. [インストールの種類] で、次のいずれかを実行します。

    選択する項目

    コンパニオンインストールの設定の目的

    [マシンの全ユーザにインストールする]

    コンピュータにログオンしたユーザ全員がファイルを利用できるようにします。

    [インストールするユーザのみにインストールする]

    インストールするユーザのみがファイルを利用できるようにします。

    注意: [インストールの種類] フォルダオプションでは、(インストール後の) ファイルへのアクセスを指定します。このオプションは、インストールするフォルダのみに適用されます。ファイルを追加した後は、オプションを変更することはできません。

  10. ファイルまたはショートカットを、追加、更新、または削除するには、ナビゲーション画面で [ファイルの追加] を選択します。

    コンパニオンインストールの設定プロパティやユーザ設定を変更することもできます。

    コンパニオンパッケージの作成が完了したら、パッケージを単独で、または Reflection とともに配布することができます。パッケージは、Microsoft の [プログラムの追加と削除] ユーティリティで削除するまで、ユーザのコンピュータ内に残ります。

関連項目

コンパニオンインストールの作成および編集用パネル

コンパニオンインストーラへのファイルの追加

設定プロパティの変更

Reflection カスタム設定ツールを使った、アプリケーション機能の削除