コマンドラインからのインストール

Attachmate インストールプログラムのコマンドラインを使用して、配布 (または CD) のイメージまたは、管理者用インストールイメージから Reflection をインストールできます。また、バッチファイルにコマンドラインオプションを書き込んで、インストールパラメータを事前に設定しておき、Reflection のインストール時におけるユーザの介入を減らすことができます。サイレントインストールを行うために、インストール時のダイアログボックスを表示しないことも可能です。

また、コマンドラインオプションを使えば、ユーザが Reflection をインストールできるよう準備できます。通常、MSI のどのコマンドラインオプションも、Attachmate インストールプログラムのコマンドラインで使用することができます。

コマンドラインからインストールするには

  • コマンドプロンプト、または [スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドで setup.exe ファイルのあるディレクトリに移動して、以下のいずれかを実行します。
    • 管理者用インストールイメージを作成するには、以下を入力します。

      setup.exe /install /admin TARGETDIR=path

      path の部分には、サーバ上の管理者用インストールイメージへのパスが入ります。

      または

    • 一般的な設定でワークステーションにインストールするには、以下のように入力します。

      setup.exe /install INSTALLDIR=path

      path には、インストールディレクトリのパスが入ります (INSTALLDIR=path はオプション)。

注意: インストールをカスタマイズするためのコマンドラインオプションの一覧を表示するには、setup.exe ファイルのあるディレクトリに移動し、以下のように入力します。

setup.exe /?

MSI を使用して直接インストールするには

  • コマンドプロンプトまたは、[スタート] - [ファイル名を指定して実行] コマンドで、msi ファイルのあるディレクトリに移動して、以下のように入力します。
    msiexec.exe /i installation_file_name.msi

注意:

  • Reflection を MSI から直接インストールする場合は、Reflection をインストールする前に、ユーザのワークステーションに、必須ソフトウェアである Microsoft .NET Framework Runtime v. 3.0 がインストールされていることを確認してください。MSI がこの必須ソフトウェアを発見できなかった場合、インストールは完了しません。
  • setup.exe を実行すると、以前のバージョンの Reflection が削除されます。この手順は必須です。そのため、管理者が Reflection の .msi ファイルを直接配布する場合は、Reflection を手動でアンインストールしておく必要があります。詳細は、技術ノート 2218 を参照してください。

関連項目

必須ソフトウェア