スマートファイル転送する既定のファイルの種類の追加

スマートファイル転送する既定のファイルの種類は、未定義の拡張子を持つファイルに適用されます。

スマートファイル転送する既定のファイルの種類を指定するには

  1. [ツール] - [オプション] コマンドを選択します。
  2. [ファイルの種類] タブをクリックします。
  3. [未定義拡張子の転送方式] で転送方式を選択します。

注意: 拡張子は同じでも異なる転送方式を必要とする複数のファイルがある場合は、既定の種類を設定せずに、[未定義拡張子の転送方式][ユーザに尋ねる] に設定してください。または、ファイルを転送する前に、使用したいファイルの転送方式を設定します。

関連項目

ファイル転送方式の設定 (転送方式)

スマートファイル転送するファイルの種類の追加