FTP コマンドラインの使用

FTP クライアントコマンドラインは、サーバと通信する手段の 1 つです。FTP コマンドラインに FTP または SFTP コマンドを入力して、FTP サーバと PC 間でファイルを移動することができます。

FTP コマンドラインを表示、または非表示にするには

  • [表示] - [コマンドウィンドウ] をクリックしてコマンドウィンドウを開きます。

    FTP コマンドラインがコマンドウィンドウの下部に表示されます。

コマンドを入力するには

  1. コマンドラインをクリックするか、[Shift] + [F7] を押してカーソルをコマンドラインに移動します。
  2. 接続の種類に従って、FTP または SFTP コマンドを入力します。
  3. [Enter] キーを押してコマンドを実行します。

FTP クライアントは、現在のセッションから最大 50 個のコマンドを保持します。コマンドラインの右側のドロップダウン矢印を使用して、この一覧からコマンドを呼び出すことができます。

注意: 同じ FTP クライアントウィンドウで 2 つのサイトに接続する場合、クライアントとサーバ間の通信状態をコマンドラインで確認することはできますが、コマンドを入力することはできません。2 つ目のサーバとの間で送受信されるコマンドには、[Server 2] という文字列が先頭に付けられます。出力が複数行にわたる場合 (ディレクトリ一覧や複数行のバナー表示など)、この文字列は最初の行にだけ付けられます。

関連項目

FTP および SFTP コマンド構文

FTP スクリプト

コマンドの解説