UNIX サーバでのファイルアクセス権の変更

UNIX サーバまたは Linux サーバ上のファイルのアクセス許可を、サーバウィンドウ表示または FTP コマンドラインを使用して変更できます。

サーバウィンドウを使用してアクセス許可を変更するには

  1. UNIX ホストまたは Linux ホストに接続します。
  2. サーバウィンドウで、1 つまたは複数のファイルまたはディレクトリを選択します。
  3. 選択したファイルまたはディレクトリを右クリックし、[プロパティ] を選択します。
  4. 次のいずれかの方法で、選択したファイルまたはディレクトリの属性を変更します。
    • [許可モード] ボックスに、UNIX の chmod コマンドとして有効な 3 桁の数値を入力します。有効な値の桁数は 0 〜 7 です。
    • [所有者][グループ]、および [公開] で、各ユーザタイプの読み取り、書き込み、または実行を許可するオプションを選択します。
  5. [OK] をクリックします。

FTP コマンドラインを使用してファイル許可を変更するには

  1. UNIX ホストまたは Linux ホストに接続します。
  2. コマンドラインが表示されていない場合は、[F7] キーを押して表示します。
  3. UNIX chmod コマンドと許可マスクの数値を入力します。

    例えば、次のコマンドは指定したファイルの属性を -rw-r--r-- に設定します。

    chmod 644 myfile.htm

注意: ディレクトリに対する許可の変更は再帰的ではないので、ディレクトリ内のファイルには影響しません。

関連項目

FTP コマンドラインの使用

サーバファイルのプロパティダイアログボックス