ファイアウォールの認証スタイル (FTP クライアント)

FTP クライアントでは、ユーザが指定したサーバのスタイルに基づいてファイアウォールサーバにさまざまなコマンドを送信し、FTP サーバに接続します。この認証シーケンスの実行中、FTP クライアントでは、[サイトプロパティ] ダイアログボックスおよび [セキュリティのプロパティ] ダイアログボックスの [ファイアウォール] タブで設定した情報が使用されます。これらの情報の一部を指定していない場合、接続するたびに情報を指定するよう求められます。

次の認証スタイルを指定できます。

[SITE サーバ名]

中継サーバが SITE コマンドを送信して FTP サーバに接続する場合は、この形式を使用します。詳細については、「[SITE サーバ名] 認証コマンドシーケンス」を参照してください。

[ユーザ名@サーバ名]

中継サーバが [ユーザ名@サーバ名] 形式のサーバログオンを必要とする場合は、この形式を使用します。詳細については、「[ユーザ名@サーバ名] 認証コマンドシーケンス」を参照してください。

[USER-PASS-ACCT]

自動的にファイアウォールを経由して接続が行われるようにネットワークが設定されていて、プロキシサーバを指定する必要がない場合は、このスタイルを使用します。このログオンシーケンスでは、FTP サイトとファイアウォール両方のユーザ名が 1 回の USER コマンドによって送信され、ファイアウォールのパスワードは ACCT コマンドによって送信されます。詳細については、「[USER-PASS-ACCT] 認証コマンドシーケンス」を参照してください。

[透過]

自動的にファイアウォールを経由して接続が行われるようにネットワークが設定されていて、プロキシサーバを指定する必要がない場合は、このスタイルを使用します。このスタイルの接続では、一連の USER コマンドと PASS コマンドによってファイアウォールのログオン情報が送信され、それに引き続き、FTP サーバのログオン情報が送信されます。詳細については、「[透過] 認証コマンドシーケンス」を参照してください。

[試行/応答]

使用しているサーバで、接続時にハードウェアトークンを使用して識別情報を指定する必要がある場合は、このスタイルを使用します。このスタイルを選択した場合、パスワード情報を事前に設定しておくことはできません。ログオン処理中、試行を求めるメッセージが表示されます。このメッセージが表示されたら、トークンを使用して正しい情報を指定してください。詳細については、「[試行/応答] 認証コマンドシーケンス」を参照してください。

[ユーザ ID@ファイアウォール ID@リモートホスト]

サーバがユーザ ID@ファイアウォール ID@リモートホスト形式のログオンを必要とする場は、この形式を使用します。その他のボックスを空白のままにすると、ログオン情報を入力するダイアログボックスが接続時に表示されます。ファイアウォールアドレス、ファイアウォールユーザ名、ファイアウォールパスワード、FTP サーバアドレス、FTP ユーザ名の順に入力します。

[ファイアウォールのユーザ名@FTP サーバ]

サーバがファイアウォールユーザ@FTP サーバ形式のログオンを必要とする場は、この形式を使用します。その他のボックスを空白のままにすると、ログオン情報を入力するダイアログボックスが接続時に表示されます。ファイアウォールアドレス、ファイアウォールユーザ名、ファイアウォールパスワード、および FTP ユーザ名。詳細については、「[ファイアウォールユーザ@FTP サーバ名] 認証コマンドシーケンス」を参照してください。

[FtpUser@FtpServer FirewallUser]

サーバがFTP ユーザ@FTP サーバファイアウォールユーザ形式のログオンを必要とする場合は、この形式を使用します。その他のボックスを空白のままにすると、ログオン情報を入力するダイアログボックスが接続時に表示されます。ファイアウォールアドレス、ファイアウォールユーザ名、ファイアウォールパスワード、FTP ユーザ名、FTP パスワード。詳細については、「[FtpUser@FtpServer FirewallUser] 認証コマンドシーケンス」を参照してください。

関連項目

ファイアウォール経由での接続

[ファイアウォール] タブ ([セキュリティのプロパティ] ダイアログボックス)