CRL 確認のための LDAP サーバの設定

Reflection で LDAP ディレクトリ内の CRL を検索できるのは、LDAP 識別名 (DN) が CRL の発行者フィールドの内容と完全に一致する場合のみです。例えば、CRL の発行者フィールドに以下のオブジェクトが表示されるとします。

  • CN = Some CA
  • O = Acme
  • C = US

この場合、LDAP ディレクトリのエントリの DN は「CN = Some CA, O=Acme, C = US」である必要があります。

この DN で識別される LDAP エントリの属性は、以下のいずれかを含む必要があります (Reflection ではこれらの属性を上から下に検索します)。

属性

OID (Object Identifier - オブジェクト識別子)

certificateRevocationList;binary

2.5.4.39

authorityRevocationList;binary

2.5.4.38

certificateRevocationList

2.5.4.39

authorityRevocationList

2.5.4.38

deltaRevocationList;binary

2.5.4.53

deltaRevocationList

2.5.4.53

mosaicCertificateRevocationList

2.16.840.1.101.2.1.5.45

sdnsCertificateRevocationList

2.16.840.1.101.2.1.5.44

fortezzaCertificateRevocationList

2.16.840.1.101.2.1.5.45