SSL/TLS エラーメッセージの問題の対策

以下のメッセージはすべての SSL/TLS 接続に適用されます。

Reflection SSL/TLS は Reflection セキュリティプロキシへの暗号化接続を確立できませんでした。認可トークンが正しくありません。

Reflection SSL/TLS は Reflection セキュリティプロキシへの暗号化接続を確立できませんでした。認可トークンがありません。

Reflection SSL/TLS で暗号化接続ができませんでした。

Reflection SSL/TLS はユーザの資格情報を明らかにできませんでした。

暗号化された接続を確立している間に Reflection SSL/TLS が時間切れとなりました。

破損メッセージの解読により、接続が切断されました。

ホストの SSL/TLS 証明書は信頼された認証局のものでないか、期限が切れています。

ホストの SSL/TLS 証明書に対象のホスト名がありません。

以下のメッセージは Windows Crypto API を使用するように設定されている接続にのみ適用されます。

要求した SSL/TLS 暗号化の強化は使用中の PC で使用することができません。

Reflection SSL/TLS ライブラリ (RSCAPI.DLL) が存在しないか、破損しています。

必要な Microsoft SSL/TLS 暗号ライブラリが存在しないか、破損しています。

必要な Microsoft Reflection SSL/TLS ライブラリ (SECURITY.DLL) が存在しないか、破損しています。

必要な Microsoft SSPI ライブラリが存在しないか、破損しています。